<   2004年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

GREE Night 1.0に参加

前回の日曜、GREE Night 1.0に参加してきました。
最近流行り始めたソーシャルネットワーク「GREE」のオフ会です。

このGREEというのは元々田中さんという人が個人で始めたもので、
紹介されないと登録できないクローズのホームページです。
よって日曜に来ていた400人も田中さんの友達の友達の友達位で、
皆、自分の友達を通して田中さんに繋がっている状態。

当日は人数が多すぎて、友達とはぐれたりしましたが
久々に何人かの友達に会えたりして、良かったです。

会では一番登録の多い団体(会社)が「ちゃんと仕事しましょうね」
と落とされながら表彰されていました。
(弊社はあと15人位で3位でした。惜しい・・)

このGREEの良い所はビジネス目的ではないところで
「皆、忙しい毎日送っているけど、少し遠くの友達を忘れないように」という感じです。
友達のWEB日記の更新状況が一覧で表示されたり、
すばらしく便利なサービスだと思います。

http://www.gree.jp/
[PR]

by 9785051 | 2004-04-29 23:24 | 日記

Theatre Brookライブ@新宿ロフト2004.4.24

すさまじいライブ。
この日はロフト4連戦の最終回という事で、20分前には開場が満杯。
10分程送れて開演、で、いきなり佐藤タイジがアコースティックギターで登場。

始まったのはニールヤングの『Hey Hey, My My』。
いきなりアンプラグドとは意表をつかれた登場。でもかっこ良い。
オーバーオール+ネルシャツ+キャップで格好もニールヤング。
途中、アルバムハーベストからマニア泣かせの選曲でバラードの佳曲
『Only Love Can Break Your Heart』をやってくれた。
そして、お約束の『Like A Hurricane』。ギターソロが長い長い。
ギターのフィードバックもすごい。ノイジーだ。
でもソロ時間はニールヤングの半分以下。
『Rockin' In The Free World』はライブで聞くと良い。ライブ向けの曲。
で、気づいたら全曲ニールヤングでライブの前半が終了。

後半は自分達の曲『立ち止まって一服しよう』からはじまり、
めったにやらない、『野蛮なローソク』定番の『TEPID RAIN』
『悲しみは河の中に』からは客席が前に押し寄せて、ジャンプジャンプですごいことに。
インストの『五反田ディレイセンター』はギターのうねりがすばらしい。
それに有名曲だけでなく、どの曲でも盛り上がるお客さんもすごい。
アンコールは『One Fine Morning』で締め。3時間ライブの激しい終了。
[PR]

by 9785051 | 2004-04-26 12:56 | Rock

遂にライターデビューです

ゴーストライターですが、雑誌『商業界』7月号に
4ページのコラムを書く事になりました。
内容はケータイを取り巻く環境と来店促進メールについてです。

↓みたいな2次元コードのサービスをリリースした関係で、雑誌:月刊バーコードにもコラムを書く事に。
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/18486.html

長年ライター業をやりたいと言っていたら、業務の一部で実現してしまい
自分でもびっくりしてます。
[PR]

by 9785051 | 2004-04-24 04:28 | 仕事

Dachamboライブ@EarthDay2004.04.18

会場の代々木公園の野外ステージに着いたら人、人、人。
(後で5万人いた事が判明。)

出店していたKIYO'S KITCHENで野菜煮込丼を食べ
現地待ち合わせの友達に会えないまま、ライブがはじまりました。

そして、気が着いたら周り中の人が踊ってました。
ステージエリアの外でも沢山の人が踊っています。

もう、はじめからトランスロックの『ピカデリア』で飛ばしまくりです。
背景は、日没とOVERHEADSのサイケな映像で合わさって、
すごく奇麗な映像でした。

2曲目の『Conga La Gotta』もラテンロックで更に盛り上がります。
いつも見に来てる人と明らかに違う種類の人も踊ってました。

こんなに凄いライブをタダ同然で見られるなんて、ほんと、幸せです。
たったの40分間だったけど、生涯のベスト20に入るライブでした。
[PR]

by 9785051 | 2004-04-24 04:18 | Rock

RADIOHEAD@幕張メッセ 2004.4.17

念願の単独公演に行ってきました。

前回初めてRADIOHEADを見た時はSUMMERSONICで
まだファンでなくアルバムを聞いてなかったし
仕事の続きで見に行ったので、すごすぎて放心状態でした。

ライブは開演1時間前に着いたのに、既に会場の7割方はうまってる状態。

もう、始めの曲『2+2=5』からすごかったです。
乗車率250%の満員電車状態+サウナの気温でジャンプ。
汗だくだくです。汗がとまりません。

それでも生で聞く『sail to the moon』はCDの10倍増しでよく
幕張まで来て良かったと思いました。

本編ラストの3曲『sit down, stand up』『paranoid android』『there there』
にはほんとにやられました。
生のライブで見られてよかったーー。

アンコールの『idioteque』はキーボードで静かめに始まって
だんだん縦ノリになり、最後はばしっと終わる曲で、もー最高でした。
あー、これが見られただけで大満足です。

あと、このバンドはアップテンポの曲より、
バラードやミドルテンポの曲でライブ映えします。
『karma police』やアンコール最後の『everything in its right place』なんて
涙ものに良かったです。

アンコールの時、voのトムヨークがひたすらおじきをしていたのが
記憶に残っています。

今回の会場は縦に長すぎるとか、音が悪いとか
色々言われてますが、ほんと、生で見てよかったです。

CDで聞くのとは全然違うアレンジだったり、
人質解放の緊急ニュースがサンプリングされていたり、
会場に行かないと味わえないリアル感が満載のライブでした。

そして、RADIOHEADの曲がいかにすばらしいかを実感したライブでした。
[PR]

by 9785051 | 2004-04-22 12:58 | Rock

昨日のリンク先の内容

検索エンジンに引っ掛からないように書くと、こんな感じです。

「株式会社陸√、けいたい電話向け2次元ばーこーど発行サービスを提供」

通信社にリリースを打ったら、予想以上に色んな方面から問い合わせがあり
ちょっとびっくりです。

去年より確実に問い合わせが増えてるし、
やり方が間違わない限りもっと売れるじゃん、
ってすこーし嬉しくなりました。
[PR]

by 9785051 | 2004-04-14 00:25 | 仕事

大村憲司『KENJI-SHOCK』

a0008538_04559.jpg昨日、ビデオを整理してて、つい「大村憲司のトリビュート・コンサート」を見てしまいました。2000年12月のライブで本人は既に亡くなっていていないのに、まるでいるような和やかなライブでした。(ドラムも村上秀一さんや沼澤さんで超豪華)

この時は「チャー」が出てるのでとりあえず見ようというレベルだったのに、ビデオですっかりやられ、その後『KENJI-SHOCK』という写真のアルバムを廃盤なのに探しまくりました。
買って聞いてからはどっぷりはまってしまい、ほぼ全曲ギターをコピーしてしまいました。
この人と同じ誕生日だってわかった瞬間は嬉しくて嬉しくて。(5/5生まれです)

ギタリストは必聴盤です。
日本人にもこんなにかっこいいギターを弾く人がいるんだ、って買った当初は感動しました。
私にとってはジェフベックやクラプトン並に気持ち良い音を出すギタリストです。
あえて言うとジェフベックの『BLOW BY BLOW』の日本人版かな??
とにもかくにもフュージョンとロックのおいしい所取りの素晴らしいアルバムです。
[PR]

by 9785051 | 2004-04-13 00:47 | Jazz,Fusion

取材を受けて1週間

ずっと日経に載らなくてドキドキしてました。
でも、4/8に日経産業新聞の1面に載ったので一安心です。

(ここのリンクはデスリンクになっていたので、外しました
詳しくは4/14の仕事日記を)
[PR]

by 9785051 | 2004-04-13 00:20 | 仕事

週に一度の洋食ランチ

a0008538_25053.jpg今勤めている勝どきはランチ不毛の地です。

イタリアンとフレンチは徒歩12分のビルまで行かないとないし、
スペイン料理は徒歩13分の月島まで行かないとありません。
なので、毎週火曜日限定で会社の裏まで車で来る
写真の洋食ランチは凄く楽しみなのです。
(店舗はなく個人でやってるそうです)


今日は、イチゴタルト、パン、サーモンのキッシュ、
かぼちゃのサラダ、トマト風味豆ご飯、サフランライスでした。

徒歩10分以内においしい洋食屋が欲しいです。
[PR]

by 9785051 | 2004-04-07 02:51 | 日記

J&B『J&B』

a0008538_05842.jpgギター×2,ベース,ドラムのインスト。ライブレコーディング。
ブルージーだったりボサノバだったり、時にはファンキーで
久々に聞いたら良い感じです。
アルバムの後の方がハイテンションで
楽しそうに演奏してるのが、ぐいぐい伝わってきます。
こういうの聞いてると「ギター弾きたい!」って思っちゃいます。
[PR]

by 9785051 | 2004-04-06 00:59 | Rock