埼玉県神泉村にてバンド合宿(長文)

a0008538_0433894.jpg9/24と25、大学のサークル以来の合宿。
場所はスタジオつき宿泊施設Neverland





HPに練馬インターから90分って書いてあったので
適度に森林だろうなと思ってたら、まともに山の上、ほぼ山頂。

行きの道中、コンビニとかスーパーを
カーナビの目印にしたのがダメだったのか
アスファルトじゃない山道を通ってたどり着く。
WRCみたいで脱輪しないかちょっとびびる。
さぞかし運転恐かっただろうな。感謝しなければ。

スタジオは30畳で広かった。
通常のアンプやドラムなどの機材の他、
冷蔵庫、電子レンジつき。冷暖房完備。
飲食自由でかなりよかった。都内のスタジオじゃこうはいかない。

宿泊、スタジオのみで食事をつけなかったので、
コンビニで1万位買い込んだカップ麺のタワーができてた。

豪雨の中、16時位に到着して、飲食しながらジンを空けながら
深夜3時位までセッションをしたりコピーをしたり。
深夜はipodから懐かしのジャーマンメタルやRACER-Xを
ミキサー通して大音量がかけたり。
(ヘビーメタルサウンドハウスみたいに)

曲のネタができたものの、途中までで未完成。
でも皆でゆっくり録音したのを聞きながら
すすめられるってすごい。
3時間だとセッションで目一杯で考える時間がないから。

深夜3時過ぎ、シャワー(お湯が出た!)をあびてだるくなったので、
部屋に行って2段ベッドの下の段で寝てたら
朝4時に隣の建物スタジオからドラムの音がきこえてびっくり。
皆さんセッションしてました。先に寝てごめん。
耳栓効果で音を気にせず寝てしまう。

朝9:40頃、寝てたらいきなりドアがひらいて
人の声がした、ドラムきくちゃんの友達が2人
モンゴル800の曲を練習しに到着。
朝9:40に山奥に到着するなんてすごい。

そのまま部屋で初めてのギター練習を聞きながら化粧。
初対面の人(それも男性)の前なので不思議な気分。
何回かスタジオでモンゴル800の曲を合わせたら、2人は帰宅。
バンドでは7thコードのアコースティックな曲が1曲
ほぼ仕上がりそうに。

こんな少人数で山の中、スタジオを独占して
ゆっくり曲作りができるなんて、すごい幸せなことかも。
企画してくれたドラムのきくちゃんと
一緒に連れていってくれたメンバーに感謝です。

次は未完成リフを完成させてアウトプットもしよう。

宿は管理人のお兄さんの感じが良く布団もきれいでおすすめです。
[PR]

by 9785051 | 2005-09-29 00:47 | 日記