Theatre Brookライブ@新宿ロフト2004.4.24

すさまじいライブ。
この日はロフト4連戦の最終回という事で、20分前には開場が満杯。
10分程送れて開演、で、いきなり佐藤タイジがアコースティックギターで登場。

始まったのはニールヤングの『Hey Hey, My My』。
いきなりアンプラグドとは意表をつかれた登場。でもかっこ良い。
オーバーオール+ネルシャツ+キャップで格好もニールヤング。
途中、アルバムハーベストからマニア泣かせの選曲でバラードの佳曲
『Only Love Can Break Your Heart』をやってくれた。
そして、お約束の『Like A Hurricane』。ギターソロが長い長い。
ギターのフィードバックもすごい。ノイジーだ。
でもソロ時間はニールヤングの半分以下。
『Rockin' In The Free World』はライブで聞くと良い。ライブ向けの曲。
で、気づいたら全曲ニールヤングでライブの前半が終了。

後半は自分達の曲『立ち止まって一服しよう』からはじまり、
めったにやらない、『野蛮なローソク』定番の『TEPID RAIN』
『悲しみは河の中に』からは客席が前に押し寄せて、ジャンプジャンプですごいことに。
インストの『五反田ディレイセンター』はギターのうねりがすばらしい。
それに有名曲だけでなく、どの曲でも盛り上がるお客さんもすごい。
アンコールは『One Fine Morning』で締め。3時間ライブの激しい終了。
[PR]

by 9785051 | 2004-04-26 12:56 | Rock