RADIOHEAD@幕張メッセ 2004.4.17

念願の単独公演に行ってきました。

前回初めてRADIOHEADを見た時はSUMMERSONICで
まだファンでなくアルバムを聞いてなかったし
仕事の続きで見に行ったので、すごすぎて放心状態でした。

ライブは開演1時間前に着いたのに、既に会場の7割方はうまってる状態。

もう、始めの曲『2+2=5』からすごかったです。
乗車率250%の満員電車状態+サウナの気温でジャンプ。
汗だくだくです。汗がとまりません。

それでも生で聞く『sail to the moon』はCDの10倍増しでよく
幕張まで来て良かったと思いました。

本編ラストの3曲『sit down, stand up』『paranoid android』『there there』
にはほんとにやられました。
生のライブで見られてよかったーー。

アンコールの『idioteque』はキーボードで静かめに始まって
だんだん縦ノリになり、最後はばしっと終わる曲で、もー最高でした。
あー、これが見られただけで大満足です。

あと、このバンドはアップテンポの曲より、
バラードやミドルテンポの曲でライブ映えします。
『karma police』やアンコール最後の『everything in its right place』なんて
涙ものに良かったです。

アンコールの時、voのトムヨークがひたすらおじきをしていたのが
記憶に残っています。

今回の会場は縦に長すぎるとか、音が悪いとか
色々言われてますが、ほんと、生で見てよかったです。

CDで聞くのとは全然違うアレンジだったり、
人質解放の緊急ニュースがサンプリングされていたり、
会場に行かないと味わえないリアル感が満載のライブでした。

そして、RADIOHEADの曲がいかにすばらしいかを実感したライブでした。
[PR]

by 9785051 | 2004-04-22 12:58 | Rock