ROVO presents MAN DRIVE TRANCE!@恵比寿リキッドルーム2005/2/11

11/19の渋谷AX以来。3回目のROVOのライブ。
風邪で寝ながら会場に向かったら、
1バンド目のNATSUMENが演奏してました。

前売完売と聞いて「嘘!!」と思ってたのに、
会場に着いたら人・人・人で納得しました。
「当日券は売り切れました」とあるし、今までで一番人が多いかも。
先に到着していた友達とは、連絡が着いたものの
会えなそうで終わったら合流することに。

NATSUMENはギター2本、ホーン×3、ベース、ドラムという構成で
怒濤の重低音のヘビーなプログレロックで所々変拍子。
曲の最後の方でノイジーなギターが入ってキングクリムゾンか?
と思う部分もあったりして、かなりびっくりしました。
これから大化けしそうなバンドです。

2つ目 Joseph Nothing。
DJ。隣でボードに蛍光塗料を使って絵を書く人がいて
それがスクリーンの動画に映って面白かったです。
曲は縦ノリの曲が多くて、フロアのまん中あたりが盛上がってました。
具合良かったら踊ってたに違いない。

そして、20:30過ぎにROVOが登場。
キーボード中西さん脱退後はじめてのライブだけど、音圧は変わらず。
打楽器が多少前面に出てて、
なんだか民族音楽っぽくなったような気がする。

演奏はいつもどおり「全編ドラムソロ」な感じの曲があったりして、
ドラム2人に釘づけ。
やっばり最強の人力トランスだなぁ。
スクリーンのサイケな画像と合わせて宇宙に飛んでいきそう。

そして、SUKHNA。この曲のバイオリンをきいただけで感動なのです。
一旦間があって、ベースが入る瞬間は何時聞いてもぞくぞくする。

MCでは風邪でメンバーが次々に倒れてしまった話をしていたけど、
それを感じさせないライブでした。
ヨーロッパツアーで受けたと言うのも納得。

次は5/3に日比谷野音だそうです。
PE'Z のライブと重なってる。どうしよう。。(悶絶)
[PR]

by 9785051 | 2005-02-14 00:52 | Rock